彼女が出来たきっかけ

こんにちは。大阪の大学に通う太一です。

このブログは日記代わりにしようと思い開設しました。

大学2回生の僕には、同じ年の彼女が居ます。彼女とはバトミントンサークルで知り合いました。付き合ったきっかけは僕のがに股です。

バドミントンの試合の時にショートパンツをはくんですが、僕にはコンプレックスが。。。実は「がに股」なんです。

普段ジーパンを履いている時は、そこまで気にならないと思うんですけど、あの短いパンツを履くと「がに股」が目立つんですよね。

お陰でサークルの先輩や、仲間に「太一、すっげぇがに股じゃね?」と指摘されるので完全にコンプレックスになってしまいました。

それからというもの、歩き方を意識するようになりましたし、ショートパンツをはくのが本当に嫌になりましたからね。

でも、仲間のなかでも僕の彼女は違ったんです。がに股とからかう仲間をよそに「太一はがに股じゃなくて、O脚だと思う。O脚なら治せるよ」と言ってくれたんです。

それまでは「サークルの仲良し友達」だっただけの彼女ですが、からかうこともなく、アドバイスもくれるので一目置くようになりました。

O脚なら治せるということで、いろいろ話を聞くようになり、僕たちは付き合うことになりました。コンプレックスから繋がった僕たち、分からないもんですね。ではまた。

“彼女が出来たきっかけ” への49件の返信

  1. I’m really loving the theme/design of your blog.
    Do you ever run into any internet browser compatibility issues?
    A small number of my blog audience have complained about my blog not working correctly in Explorer but looks great in Opera.
    Do you have any tips to help fix this problem?

  2. I shifted myself so that my cock rested on her inner thigh and slowly eased it into her.

    Richard smiles down at me lazily as he screws me, and despite all the other people I feel like him and
    I are the only two people in the room.

  3. I had lost about seven pounds besides the loss of my tit while recovering and my breast swayed
    now. Evelyn grasped the negligee and ripped it from Brandy s body.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。