前回紹介したぜいたくレッドスムージーですが、その栄養について少し掘り下げて説明します。

ぜいたくレッドスムージーは、下記のような栄養素が含まれている栄養機能食品です。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビオチン
  • ナイアシン
  • パントテン酸

栄養機能食品とは、食品の中でも特定の栄養を摂取(補給)することを目的とした食品のことで、厚生労働大臣の基準に従って表示をするんです。上記の栄養素は、その特定の栄養素として表示されています。

詳しい人は気づくかもしれませんが、ビタミンB群が多いですよね。

ビタミンB群は代謝ビタミンとも呼ばれ、身体のエネルギーを作るのを助けてくれます。糖質や脂質をエネルギーに変えたりする効果があるので、太りやすくなるのを防ぐことに繋がります。これだけでもぜいたくレッドスムージーを飲むと良いということが分かるのではないでしょうか。

さらにビタミンCはコラーゲンの生成を助けるばかりか抗酸化作用もあって身体がさびつくのを防いでくれますし、ビタミンEには肌の健康を保つ効果があると言われています。

代謝を上げつつキレイにもなれる、まさにぜいたくなスムージーなんですよね(笑)

ビタミンだけでなく酵素や乳酸菌、食物繊維も入っていて、美容に良い成分をこれでもかと詰め込んだ夢のようなスムージーなので、本当におすすめです!

先日から私は豆乳に混ぜて飲んでいますが、とろりとした飲み心地が気に入っています。おいしいという点も外せないポイントですね。