キャッシングの審査はどこでも同じじゃない!

キャッシング審査では何を聞かれる?

通常、キャッシング審査の場合、書面で聞かれることはどこの業者でも決まっています。つまり、キャッシング審査で書面で聞かれることは殆どが個人情報になります。

 

どこの業者でもキャッシングの申込フォームには、氏名・年齢・住所・生年月日を書く欄が必ず備えられています。

 

現在、個人の信用情報は個人信用情報機関に日々更新されたデータが保管されていますから、氏名・年齢・住所・生年月日で殆どの信用情報は掴めます。つまり、キャッシングの申込フォームに氏名・年齢・住所・生年月日を書いた時点で、キャッシングの審査の重要な部分は終わっているのです。従って、この時点で延滞履歴や自己破産から5年以内の人は審査をパスすることはできません。

 

また、申込フォームには必ずキャッシングの希望額を書くようになっています。キャッシングの希望額によって審査の結果は異なるからです。そして、その後に聞かれることで融資の上限額や実質適用金利が決められると考えられます。

 

その後に聞かれることは勤務先での地位や勤続年数に関することです。また、住居や家族に関することも聞かれる場合が多くなっています。

 

例えば、転職や引っ越しがある場合は、前職や前の住所が確認される場合があります。また、前年の収入を証明する書類の提出が不要な場合は、現在の収入額を聞かれる場合があります。正式な書類を提出するわけではないので、誤魔化せるような気もしますが、ここで嘘はつかないようにしておきましょう。現在は総量規制の導入によって、どこの業者も与信に気を遣っています。キャッシングを利用中にいつ収入証明書類を求められるかわかりません。

 

最後に返済方法を聞かれます。これらの審査で申込者が希望金額を規定通り返済することができると判断された場合、キャッシングが実行に移されることになります。これからもわかるとおり、審査では融資できるか、できないか、だけではなく、いくらまで融資できるか、などの細かいところまで調べるようになっているのです。

 

キャッシング審査で大事なこと

 

カードローン・キャッシングは銀行・信用金庫・信販クレジット会社・消費者金融会社など様々な業者が取り扱っていますが、審査で大事なことは共通しています。只、各項目の最終的なクレジットポイントへの配分が異なっていますから、審査のハードルの高さが違うのです。

 

キャッシング審査で大事なことの1つ目は、カードローンの過去の返済履歴やクレジットカードの支払履歴です。つまり、過去にカードローンの返済やクレジットカードの支払で問題を起こした人は、少なくとも5年間は審査をパスできません。但し、カードローン返済の延滞やクレジットカードの支払延滞の場合でも、返済の遅れが12日以内の場合は延滞履歴となっていない場合があります。

 

通常、12日以上の延滞は特記事項として記録され、1ヶ月以上の延滞は金融事故として個人信用情報機関に記録されています。

 

キャッシング審査で大事なことの2つ目は、借入総額が前年の年収の1/3以内であることです。貸金業法の総量規制で借入総額は前年の年収の1/3以内と定められているからです。従って、カードローン残高が残っている人は、カードローン残高が年収の何割に相当するかを知っておく必要があります。また、貸金業法の総量規制の適用を受けない銀行や信用金庫でも、この比率を大きく超える場合は審査をパスできない場合があります。

 

キャッシング審査で大事なことの3つ目は継続性の問題です。継続性の問題とは勤務先の事業の継続性や勤続年数や住居の居住年数を意味します。つまり、公務員の様に潰れない勤務先に長く勤務する人が審査のクレジットポイントは高くなる傾向があります。